義父の老人臭が我慢の限界!私が選んだおすすめ

老人臭が気になるという人は、身体から発生している臭いだけを予防するだけではいけません。実は、服や下着などにも臭いが染みついてしまっていることがあるからです。ですから、普段着ているものもチェックしておかないといけないのです。

寝ているときに付く臭い
たとえば、寝ているときには汗をかいたり皮脂が発生すると考えられるでしょう。そうなると、朝起きたときに身体から嫌な臭いが出ているという人もいるはずです。それだけではなく、着ていたパジャマやシーツ、枕カバーにも臭いは付着しているのだと考えなければいけません。とくに長く使っているものなどは繊維のなかにまで臭いが染みこんでしまっていて、普通の洗剤で洗っているだけでは臭いが落ちないということも考えられるのです。

日中に着ている下着や服の臭い
また、日中に着ている服や下着、靴下などにも臭いが染み付いているというケースも当然あります。汗や皮脂が老人臭の原因物質を発生させるもとになっているので、脇の下や背中、足の裏などで嫌な臭いが出やすくなるというわけです。そのため、日中ずっと着ていたシャツや下着、靴下などは、夜になって脱いだときに嫌な臭いが付いており、それが毎回続くことで洗濯をしても落ちないようになってしまうというわけです。着ている服まで臭ってしまうと、老人臭対策用の石鹸や消臭スプレーだけでは対応できません。

老人臭対策用のシャツや靴下
そこで役に立つのが老人臭対策用のシャツや靴下です。嫌な臭いを吸収して分解してくれることで、老人臭やわきが、汗の臭いなどもカットしてくれます。なかでもデオルのシャツや靴下は高い消臭効果で人気があります。1日たっぷり汗をかいても嫌な臭いが出ませんし、洗濯をすればまた清潔な状態で分解消臭機能も復活します。シャツや靴下をデオルに変えるだけで、嫌な臭いが付着するのを防いでくれるというわけです。